住みにくい世の中

みなさん、こんにちは!

 

 

ティームズスポーツ大会後の打ち上げで、あろうことか酔いつぶれてしまった税理士法人ティームズの北井雄大48歳です。

 

複数の方に「学生か!!」と突っ込まれたことは言うまでもありません・・・

 

 

 

さて、気を取り直して、今回は今年10月1日からの消費増税(8%⇒10%)と同時に導入される「軽減税率」について書きたいと思います。

 

 

国税庁によると、酒類を除く飲食料品と週2回以上発行されている新聞は軽減税率の対象となり、消費税8%に据え置かれます。

 

これが軽減税率です。

 

ハンバーガーショップなどでテイクアウトすると軽減税率8%が適用され、外食として店内で食べる(イートイン)と10%が適用されます。

 

これは有名な話ですね。

 

 

酒は軽減税率の対象とならず10%です。

 

毎日お酒を飲んでる人にとっては痛恨の極みです。

 

アルコールを主食としてる人を軽視し過ぎです。

 

ア〇中の方々にとって住みにくい世の中になったものです・・・

 

 

 

では、調味料の「みりん」は??

 

 

 

答えは・・・酒類に該当するので10%が適用されます。

 

なんでやねん!って突っ込みたくなります。

 

同じ調味料である醤油とみりんで税率が違うなんて・・・

 

「酒類は税率が高いから、アルコール度数14%くらいあるみりん飲んどこ~」って人にとっても住みにくい世の中になったものです・・・

 

 

 

でも、たまに見かける「みりん風調味料」は??

 

 

 

答えは・・・酒類に該当せず軽減税率8%が適用されます。(ややこしいわ!)

 

ちなみに、ノンアルコールビールにも軽減税率8%が適用されます。

 

ビールもノンアルコールビールも同じ嗜好品やん・・・

 

 

 

では、食用の氷や保冷用の氷はどうでしょう??

 

 

 

答えは・・・食用の氷は飲食料品なので軽減税率8%、保冷用の氷は10%が適用されます。

 

あくまで食用じゃないと軽減税率は適用されないのですね。

 

保冷用の氷をハイボールに突っ込んでる人もいるでしょうに・・・住みにくい国になったものです。

 

もちろんドライアイスも10%が適用されます。

 

 

 

ミネラルウォーターや水道水はどうでしょう??

 

 

 

答えは・・・ミネラルウォーターは飲食料なので軽減税率8%、水道水は10%が適用されます。

 

普段から水道水をがぶ飲みしてる人もいるでしょうに、これはひどいですね。

 

海外移住を真剣に考えてしまうレベルですね・・・

 

 

 

あと、新聞も軽減税率の対象となり消費税率は8%に据え置かれます。

 

これには要件があり、

 

①週2回以上発行して、政治、経済、社会、文化などの一般社会的事実を掲載していること

 

②定期購読契約に基づくもの

 

である必要があります。

 

ってことは、かるーい感じのスポーツ新聞でも定期購読していれば軽減税率8%が適用され、コンビニで日経新聞を購入すると10%が適用されるわけですね。

 

少し違和感が残りますね・・・

 

 

 

 

この軽減税率に対する小売店の対応がちゃんと出来ておらず、みなさんが何かを購入する際に税率を間違えて販売される可能性もあります。

 

軽減税率で損をしないように、一定レベルの知識は持っておきたいですね。

 

 

さらに詳細を聞きたい方は、気軽に税理士法人ティームズに連絡くださいね!

 

 

 

 

すごく励みになります。

1日1クリックおねがいします!

↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

税理士法人ティームズ  http://teams-tax.com/

税理士法人ティームズ 大阪市経理代行 大阪市記帳代行 北区経理代行 北区記帳代行 中央区経理代行 中央区記帳代行 堺市経理代行 堺市記帳代行

 

 

優秀な社長の条件②

みなさん、こんにちは!

 

 

前回のブログで「優秀な社長の条件①」と銘打ちながら1つも条件を紹介しなかった、税理士法人ティームズの北井です。

 

そんなブログを掲載したら、、、

 

「顧問先を倒産させないための『社長の条件』なのに、北井先生の次のブログがアップされるのを待ってたら、会社倒産しますわ!」

 

とか、

 

「ガチンコファイトクラブ並みに引っ張りすぎ!(古っ!)」

 

とか、、、のご指摘を受けました。

 

 

申し訳ございません!!

 

 

そんなこんななので、今回は早速、弊社顧問先様の中でも群を抜いて成長している会社の社長様の共通点をいくつか挙げていきたいと思います。

 

(勝手ながら、優秀な社長の会社を弊社に置き換えたりして書かせて頂きます)

 

 

1.利益を出すためなら何でもする覚悟を持っている!

 

私がサラリーマンだった時、仕事を終えて会社を一歩出たら、仕事のことはほぼ頭から消え去ってました。

 

でも現在、税理士法人の代表となってからは、起きているときはもちろん、寝ているときでも会社経営のことを考えるようになりました。これは本当です。

 

例えば、日中はアポが5~6件、夜は会食の予定が詰まっていると、日常の事務処理ができなくなるので、夜中2時に起きて3時には出勤してたりします。もはや変態です、、、

 

でも、伸びている会社の社長様の朝は早いです!

 

まあまあストレスですが、こういうストレスが溜まるくらいじゃないと事業はうまく行かないんだと思います。

 

 

また、各業界で一流と言われている人と接点を持って、1つでもその方の言動や所作を盗むべきです。

 

「人の真似するなんて、自分のプライドが許しませんわ」って言っているようでは、会社の将来は危ういですよ!

 

利益を出すためなら何でもする覚悟を持ちましょうね!

 

社長になったあなた、これから社長になるあなた、今すぐサラリーマン時代の考え方は捨てましょう!

 

 

 

2.5年後、10年後のビジョンを持っている

 

社長になると、日々のルーティンワークに忙殺されます。

 

でも、社長が細かい仕事ばかりに時間をとられて、会社経営の方向性を見失っていいはずがないですよね?

 

スタッフさんに任せられる部分は大いに任せ、社長は売上拡大等の成長戦略を図り、社内のスタッフさんを適所に配置して大いに活躍してもらいましょう。

 

伸びている会社の社長様は、上手に仕事をスタッフに任せて、自分は会社の舵取りに徹しています。

 

 

私は、我がティームズの1年後から10年後までの貸借対照表と損益計算書を予想して、時々見るようにしてます。

 

ややオーバーペース気味に売上計画を立てておいて、その計画に追いつくように創意工夫するようにしています。

 

 

 

3.紹介を頂ける仕組みを作っている

 

 

ほとんどの会社は紹介や口こみで商品を販売していると思います。

 

ということは、あらゆる場面で税理士法人ティームズを思い出して頂けるようにする必要があります。

 

そうなんです。今日もどこかで、、、

 

「売上が大きくなってきたから、税理士を使おうと思ってるんやけど、いい先生知らん?」

 

「今の税理士は高齢でアナログすぎるから、もっと若い税理士探してるねん」

 

という会話がたくさん繰り広げられているはずですが、そんな時に税理士法人ティームズを思い出してくれる仕組みが必要ですよね?

 

 

そこで、まず手っ取り早い方法として、

 

・今後紹介してほしい相手に、こちらから先に紹介する

 

⇒こうすることで、相手方に「今度お返しをしないと!」って思っていただけます。相手方の脳内に確実に食い込めます。

 

 

・定期的にコンタクトをとる(空き時間に小まめに連絡する)

 

⇒常にその人の記憶にティームズを残す!税理士ときたらティームズ!相手方にはこの思考回路になって頂きます。

伸びている会社の社長様は、SNS等を駆使して、これらの仕組みを作っています。

 

 

次に、ブランディング効果を狙った方法として、、、

 

・自社開催の交流会を実施する

 

⇒弊社では年に1度、100名規模の異業種交流会を開催しておりますが、そうすることによって、

 

「あの税理士法人はやることが他とは違う」

 

「あの税理士法人と関わっていたら、色々と紹介してくれそう」

 

「自分の取引先に、こんないい事務所知ってるって自慢しよう」←やや誇張が過ぎました。

 

 

って感じの好ましい変化が生まれてきます。素晴らしいことですよね!

 

 

今回は3つほど優秀な社長の共通点をご紹介しましたが、次回も残りの3つほどをご紹介する予定です。

 

断言できることは、、、

 

これらを実践する社長と実践しない社長は、数ヶ月後に大きな差が付いてしまうということです。

 

 

この記事を読んだ社長様、是非とも実践していただくようお願い致します。

 

 

 

すごく励みになります。

1日1クリックおねがいします!

↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

税理士法人ティームズ  http://teams-tax.com/

税理士法人ティームズ 大阪市経理代行 大阪市記帳代行 北区経理代行 北区記帳代行 中央区経理代行 中央区記帳代行 堺市経理代行 堺市記帳代行

お問合せ・ご相談無料

電話やメールはもちろん、実際にお会いして打ち合わせ可能!
※無料相談をご希望の方はご来社可能日をお知らせください。

  • お電話でのご相談・お問合せ

    0120-075-330

税理士法人ティームズのスタッフ紹介

ティームズが主催する異業種交流会 詳しくはこちら

経営革新等支援機関

当事務所の対応地域
大阪を中心に京阪神エリアにて税務相談・顧問契約など対応しております。詳細はお気軽にご相談ください。